こんにちは!はかた食品です。

 

9月に入りましたね〜。

夏が過ぎ、秋の風を感じるこの季節。巷では、『九月病』なる症状がでてくるそうです。

夏の疲れや、気温の落差に体調を崩し、その体調の落ち込みが精神的にも影響し、

悪化すると、うつ症状にまで発展するというのです。

子どもの不登校だけでなく、大人でも出社拒否症状などがでるそうです・・・

あなどれないですね・・・

 

で、少し調べてみると『五月病』や『九月病』だけでなくなんと、ほとんど毎月『○月病』なる

症状があるのです・・・十一月病、二月病などなどその季節季節で気分の落ち込みや気候の変化に

ついていけない理由が書いてあるのですが・・・これはもう、通年でなんらかのストレスや精神疾患

に陥る可能性があるということですね。

 

では、その対処法!!

まずは鉄板!で

 

/臾欧鬚茲とる

規則正しい生活をする

食生活を調える

 

う〜ん。。。あたりまえすぎます。。。

すみません。。。

 

脳で分泌される「セロトニン」というホルモンは、九月病のうつ的な気分を打ち消す力があるそうです。

そして、このセロトニンの原料になるのがトリプトファンという物質。

トリプトファンを多く含む食品として、牛乳、乳製品、豆、豆製品、バナナ、アボカド、肉類などがあるそうです。

 

 

上記の食材に加えて、内臓を温めることも有効だそうです。

ということは、豚汁(豆製品、肉製品含)などは最適なメニューといえますね!

美味しい、誉だしをつかって旨味の濃い豚汁を飲めば

九月病対策は万全!!ですね!